移動販売で儲ける!

サラリーマンをやっていると、どれだけ大きな成果を残しても給料に反映されることは少なく、不満に思っている人も少なくないでしょう。だからと言って転職するにしても、会社に所属している限り、自分の能力がそのまま給料に反映されることは少ないかもしれません。何か儲かる商売があれば始めたいけど、何をすれば儲かるか分からず思いとどまっていることはありませんか。そんな人におすすめなのは、移動販売です。アイディア次第で無限の可能性を持つ、移動販売についてメリットをまとめてみました。

移動販売というと、分かりやすく言えば屋台のようなものです。最近は、休日のホームセンターなどの駐車場やイベントで見かけることも多いでしょう。クレープやたこ焼き、お弁当など販売しているものの種類は数多くあります。移動販売を始めるにあたって、移動販売に使う車や設備の購入などで多少の初期費用がかかります。しかし、店を構えるわけではないため、月々の家賃や人件費はかかりません。そのため店を構えるよりもコストがかからず、売上から収入になる部分が大きくなるのです。

実際に店舗を構えて店を出す場合と移動販売とを比較してみます。まず店舗を構える場合に、一等地にお店を出すとします。最初は良い立地と物珍しさもあって、毎日行列ができるほど絶えずお客さんが来てくれるかもしれません。しかし今は新しい店やものがどんどん生み出される時代で、取って代わるものは山ほどあるのです。そのためすぐに飽きられたり、他に何か新しいものができたりすると、徐々に人が来なくなるかもしれません。それでも家賃や人件費は発生し続けるのです。

それに比べて移動販売では、人が集まる場所や需要に応じて、自分が移動して販売することができます。もしも売上が落ちてしまったとしても場所を変えることで利益を出し続けることも可能なのです。また、最初はクレープを売っていたが、メロンパンが流行っているからそちらに変更すると言ったように、売るもの自体の変更もできるのです。

このように移動販売は売る場所も商品も自由に選ぶことができるのです。本当に儲かるかどうか不安という人は、週末起業で移動販売をやってみるのもよいかもしれません。

ページのトップへ戻る